LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
本当かなぁ?大気汚染でハリケーン発生率低下、英気象庁研究
 【6月24日 AFP】
 高レベルの大気汚染が、20世紀の大半の期間にわたり、北大西洋のハリケーンなどの熱帯性低気圧の発生頻度を減少させたという研究論文が23日、英科学誌ネイチャージオサイエンスに発表された。

 英気象庁の研究者らが行った今回の調査では、人類が気候に与えた影響の証拠に加えて、熱帯性低気圧と「エアロゾル」との関連性が明らかになっている。エアロゾルは、気体中に浮遊する微小粒子状物質を表す科学的用語で、塵(ちり)を多く含む火山噴煙、雲、霧などの自然の形態で発生するだけでなく、石炭や石油を燃焼させた際に出るすす粒子など人工的に発生するものもある。

■人工エアロゾルの排出量増加期間に熱帯性低気圧の発生頻度が低下

 研究では、北米と欧州で主に化石燃料を燃やして発生する粒子に着目した。研究者らは、1860年から2050年の期間を対象にした気象シミュレーションを作成し、北大西洋全域で人工エアロゾルの排出量が増加した期間に、熱帯性低気圧の発生頻度が著しく低下したことを発見した。

 論文の共著者、ベン・ブース氏は「20世紀の大半を通して(特にエアロゾルの)人為的排出量が増加していることにより、ハリケーンの活動が抑制されていることが明らかになった」とAFPに語る。「人為的に排出されたエアロゾルの冷却効果が、気象に対して従来の理解よりも重要な地域的影響を及ぼしてきた可能性がある」

 論文によると、エアロゾルは太陽光線を反射して雲の輝度を変化させるが、これは太陽熱が海面にどの程度投射されるかに影響するという。海水の温度上昇はそのまま、熱帯性低気圧のエネルギーになり、極限状態では破壊的なハリケーンを発生させる場合もある。

 1980年代以降の汚染対策や大気の質の向上への取り組みによって、エアロゾルのレベルは低下したが、逆にハリケーンの活動を増進させる結果になったことが研究で明らかになった。

 ブース氏は「この20年間に工業エアロゾルを除去したことは、人間の健康に有益であるだけでなく、サハラ砂漠南縁に位置するアフリカのサヘル地域で1980年代の干ばつ以来の雨が戻ったことにつながった一方で、大西洋のハリケーン活動の増進に寄与した可能性がある」と電子メールで述べている。

 論文の著者らによると、エアロゾルと大西洋の熱帯性低気圧との関連を明らかにしたのは、今回の論文が世界初だという。研究チームは、将来的に熱帯性低気圧の発生頻度に最も大きな影響を及ぼすのは、エアロゾルよりはるかに長寿命で、地球温暖化をもたらす温室効果ガスだと主張している。
 
                             (c)AFP
| 環境 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本当かなぁ?大気汚染でハリケーン発生率低下、英気象庁研究
 【6月24日 AFP】
 高レベルの大気汚染が、20世紀の大半の期間にわたり、北大西洋のハリケーンなどの熱帯性低気圧の発生頻度を減少させたという研究論文が23日、英科学誌ネイチャージオサイエンスに発表された。

 英気象庁の研究者らが行った今回の調査では、人類が気候に与えた影響の証拠に加えて、熱帯性低気圧と「エアロゾル」との関連性が明らかになっている。エアロゾルは、気体中に浮遊する微小粒子状物質を表す科学的用語で、塵(ちり)を多く含む火山噴煙、雲、霧などの自然の形態で発生するだけでなく、石炭や石油を燃焼させた際に出るすす粒子など人工的に発生するものもある。

■人工エアロゾルの排出量増加期間に熱帯性低気圧の発生頻度が低下

 研究では、北米と欧州で主に化石燃料を燃やして発生する粒子に着目した。研究者らは、1860年から2050年の期間を対象にした気象シミュレーションを作成し、北大西洋全域で人工エアロゾルの排出量が増加した期間に、熱帯性低気圧の発生頻度が著しく低下したことを発見した。

 論文の共著者、ベン・ブース氏は「20世紀の大半を通して(特にエアロゾルの)人為的排出量が増加していることにより、ハリケーンの活動が抑制されていることが明らかになった」とAFPに語る。「人為的に排出されたエアロゾルの冷却効果が、気象に対して従来の理解よりも重要な地域的影響を及ぼしてきた可能性がある」

 論文によると、エアロゾルは太陽光線を反射して雲の輝度を変化させるが、これは太陽熱が海面にどの程度投射されるかに影響するという。海水の温度上昇はそのまま、熱帯性低気圧のエネルギーになり、極限状態では破壊的なハリケーンを発生させる場合もある。

 1980年代以降の汚染対策や大気の質の向上への取り組みによって、エアロゾルのレベルは低下したが、逆にハリケーンの活動を増進させる結果になったことが研究で明らかになった。

 ブース氏は「この20年間に工業エアロゾルを除去したことは、人間の健康に有益であるだけでなく、サハラ砂漠南縁に位置するアフリカのサヘル地域で1980年代の干ばつ以来の雨が戻ったことにつながった一方で、大西洋のハリケーン活動の増進に寄与した可能性がある」と電子メールで述べている。

 論文の著者らによると、エアロゾルと大西洋の熱帯性低気圧との関連を明らかにしたのは、今回の論文が世界初だという。研究チームは、将来的に熱帯性低気圧の発生頻度に最も大きな影響を及ぼすのは、エアロゾルよりはるかに長寿命で、地球温暖化をもたらす温室効果ガスだと主張している。
 
                             (c)AFP
| 環境 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
何でもアリ!「ブタ死骸溶かして川に流した」、中国の養豚農家
 【6月10日 AFP】
 化学溶液で溶かしたブタの死骸を排水溝から川に流したとして、中国当局が同国中部の養豚農家を調べている。中国メディアが10日までに報じた。

 湖南日報報業のニュースサイトによると、湖南省長沙の環境保護・動物衛生当局がこの疑惑の調査を行っている。記事によると、養豚農家は、死骸を排水溝に流す前に強アルカリ溶液で溶かすことで、感染症で死んだブタを人体に無害な方法で廃棄できると主張しているという。

 この報道に中国のマイクロブログユーザーたちは、「絶対違法で絶対有害だ」「ブタの死骸を廃棄する唯一の無害な方法は焼却処分か埋葬だ。川に流しては絶対にだめだ。厳しく調べ、厳しく罰せよ!」などと批判した。

 中国では、3月に上海の川を大量のブタの死骸が流れているのが見つかるなど、問題が相次いでおり、食の安全に注目が集まっている。上海での騒動は数日間続いたが、これまでのところ、その原因についての公式発表はない。
 
                            (c)AFP
| 環境 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中国に任せられるのか?中国が世界の気候変動対策のリーダーに、報告書
 【4月29日 AFP】
 気候変動問題で、中国は米国と並ぶ世界の指導的立場を急速に確立しつつあるとする新たな研究報告が29日、発表された。同時に報告書は、世界の温室効果ガス排出量が強い増加を続けていると警告している。

 オーストラリアの独立機関、気候委員会が出した「重大な10年:気候変動に関する国際的行動」は、過去9か月の各国の行動の概要を示している。報告書は、ドイツのボンで気候変動問題の対策強化についての国連(UN)会議──手続きをめぐる争いと国益擁護に悩まされた20年間に及ぶプロセス──が開幕した日に発表された。

 報告書によると、すべての主要国が問題に取り組む政策を出しているが、対策の強化においては「再生可能エネルギーをミックス(エネルギー構成)に加えるために野心的歩みをしている」中国が先頭に立っている。報告書の共著者で気候委員会委員長のティム・フラナリー氏は、「中国は電力需要の伸びを半減させ、再生可能エネルギー供給能力を劇的に高め、温室効果ガス排出の増加量を予想より早く減少させた」と語った。

 また、フラナリー氏は、「再生可能エネルギーは世界規模で急増している。わずか1年のうちに太陽光発電能力が42%、風力が21%増加した」と述べ、「クリーンエネルギー時代の幕開け」と語った。

 だが一方で報告書は、「対策はまだ不十分」と述べ、「この10年で、2050年までに温室効果ガス排出量をほぼゼロにするための基盤を確立しなければならない。その行動が早ければ早いほど破壊的な影響は減り、コストも低減される」と提言した。
 
                        (c)AFP/Martin Parr
| 環境 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
空気力学トラックは環境と命を救う、欧州委が提言
 【4月22日 AFP】
 丸みを帯びたフロント部、車体後部には航空機のようなフラップ(高揚力装置)付き――こんなデザインの空気力学に基づいた貨物トラックならば燃料費を節約し二酸化炭素排出量も削減できるうえ、交通事故も防げるとして、欧州委員会が貨物トラックの形状向上を促す提言を行った。

 シーム・カラスEU運輸担当委員は15日、「現在の貨物トラックの形状は空気力学的な効率性からは、ほど遠い。欧州の道路を走る貨物トラックの形状を向上させる必要がある」と訴え、1996年に制定された重量物運搬車に関する規制の見直しを要請した。

 欧州委員会は、空気力学に基づいた形状の貨物トラックならば、燃費効率が向上し温室効果ガスの排出量を最大で10%削減できるうえ、運転中の視野も広がり自転車や歩行者をはねる危険性が著しく減少すると主張している。

 カラス委員によれば、最も典型的な貨物トラックの走行距離を年間10万キロとして、毎年5000ユーロ(約65万円)の燃料費が節約できるという。

 丸みを帯びた車体のトラックは、欧州の貨物トラック650万台のうち特に長距離輸送に従事する100万台にとって有益だという。

 欧州の内陸輸送の70%以上を道路輸送が占めていることから、カラス委員は規制の見直しは「欧州の自動車メーカーにとって、新型トラック開発に向けた良いスタートとなる」と語った。

 欧州委員会による提言は、欧州議会と加盟27か国による承認手続きを経て正式に発効する。このため、新型の貨物トラックが路上に登場するとすれば、2018〜20年頃となる見通しだ。
 
                            (c)AFP
| 環境 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
米国一グリーンな道路に「スモッグ食べる舗石」、シカゴ
 【4月8日 AFP】
 大型トラックが煙突群のそばを通り過ぎる光景からは、シカゴのこの通りが米国で最もグリーンな道路だとは、絶対に分からないだろう。

 だが、トラックのタイヤが転がるのは、「スモッグを食べる」舗石。街灯は太陽光と風力で運用され、歩道のコンクリートはリサイクル。そして低木の生い茂る「バイオスウェール」は下水道に雨水を流し込まない。

「持続可能性がわれわれにとって重大だ」と、シカゴ市の持続可能性担当主任、カレン・ウェイガート氏はAFPの取材に語った。

「それはクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の一部であり、どういった職種の仕事を引き込むことができるかという意味で経済的な機会であり、納められた税金に対するわれわれの責務だと考えている」

■複合的なグリーン都市開発

 シカゴでは、気候変動の影響(今よりも激しい暴風雨、今よりも極端な気温など)を緩和する対策の一環として、よりグリーンな都市計画の実験を行ってきた。

 シカゴの工業地区の道路2マイル(約3.2キロメートル)分の再整備プロジェクトには1400万ドル(約14億円)の予算が投じられた。プロジェクトにはエネルギー削減、汚染対策、廃棄物削減、水利用管理、コミュニティー形成など、都市開発者が思いつくであろうほぼ全てのアイデアが盛り込まれている。

 驚くべきことに、プロジェクトの費用は従来の道路再舗装と比べて21%低く、維持費も割安になる見込みだ。

「これらは全て、都市の対策として不可欠なものだ」と、米環境保護団体「天然資源保護協議会(NRDC)」の水アナリスト、カレン・ホッブス氏は語る。

 大雨で屋根や道路、駐車場から洗い流された汚染物質はたいていの場合、飲料水を提供する河川や湖に流れ込む。雨水排水路があふれると、下水もあふれ出すことになる。

 樹木や低木、芝生を植えることは、下水に雨水が流れ込むことを防止するだけでなく、二酸化炭素を吸収し、日光に熱せられたアスファルトによる「ヒートアイランド」現象を緩和させ、地区の全般的な快適度を向上させる。

 また、公共交通機関を改善し、自転車レーンを作ることは、渋滞を緩和し、排ガス汚染を削減し、生活の質向上にもつながる。

 さらに、街灯に高効率の電球を使ったり、ミニソーラー発電所やミニ風力発電所を設置してエネルギーを削減することは、排ガスの削減になるだけでなく、経費の節減にもなる。

 連邦政府による気候変動対策を待たずに、地元独自の「後悔しない」ための対策に取り組む都市は、シカゴを含め、増加傾向にある。

「言い換えると、これは地元の住民と企業の資金節約になり、生活の質を向上し、それに加えて排ガスを削減する対策だ」と、ホッブス氏は語った。

 一方、シカゴ市は、「スモッグを食べる」舗石の導入については、全米で初めての試みだと述べる。

■ローマ法王庁の要望から生まれた「スモッグ食べる舗石」

 バチカン(ローマ法王庁)がキリスト生誕2000年を記念して、ローマの大気汚染にさらされても白いままでいられる教会を建設したいと考えたことから、この魔法のような物質は誕生した。

 イタリアのセメント大手Italcementiは、二酸化チタンを使って日光と化学反応を起こし、分解速度を加速させて教会をきれいに保つ製品を開発した。

 だがItalcementiは、この物質が教会の汚れをきれいにしているだけでなく、屋根の上空2.5メートルまでの大気をも清浄化していることを発見した。

 価格が従来の舗装と比べて大幅に割高なため、シカゴ市では、厚みを減らし、自転車レーンと駐車レーンのための透水性舗石として利用している。

■「未来を設計」

 プロジェクトマネージャーのジャネット・アッタリアン氏は、「スモッグを食べる」舗石が印象強いものの、実質的な違いを生み出すのは複合的なアプローチだと語る。

「私たちは道路を当然のものと思い込んでいる。『ただの道路なのに、それについて何ができるというの』と。だが、実際にはかなりのことができるのだ」

 暴風雨の際に下水に流れ込む水量を最大80%削減することにより、老朽化する下水路の整備に多額の予算を投入することを防ぐ、あるいは遅らせることができる見込みだ。

 また、プロジェクトの建設資材の23%をリサイクル品でまかない、建設廃棄物の60%をリサイクルすることで、市の埋め立て地への圧迫が低減されるとともに、地元企業に新たなコスト削減の方策を提供した。

 さらに、「バイオスウェール」に植える植物に干ばつに強い品種を選ぶことで、今後気候変動の影響により訪れると予想されるより暑い夏でも、上水を浪費せずに済む。

 シカゴ市は現在、今後の道路建設の要件として、これらのグリーン対策の多くを取り入れた新ガイドラインの策定を進めている。

「これらのインフラ計画は50年、100年と続くものだからこそ、最終的に方針を決めたらやり直すことができない。現在のことだけでなく、未来のことも設計しなければならないのだ」とアッタリアン氏は語った。
 
                  (c)AFP/Mira Oberman
| 環境 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
病気になりそう!世界最大の宗教行事が終幕、汚染された川に集まる人々
  ガンジス川とヤムナー川が合流するインド・アラハバードのサンガムで、大量のゴミが浮かび、汚染された水の中から硬貨や金製品などを探す人たち。

サンガムでは先月10日まで、12年に1度、2か月間にわたって開催されるヒンズー教の祭典「クンブメーラ(「水差しの祭典」の意)」が行われ、信者や外国人観光客など多くの人たちが訪れていた。
 
                 (c)AFP/SANJAY KANOJIA
| 環境 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夢を壊す?!「妖精の輪」、実はシロアリが原因
 【3月31日 AFP】
 アフリカの乾燥した草原地帯に草が生えない円形ができる、いわゆる「フェアリーサークル(妖精の輪)」と呼ばれる不思議な現象は、実はシロアリの活動が原因だとする新たな研究結果が、28日に米科学誌サイエンスで発表された。

 フェアリーサークルは最大で直径15メートル前後で、ナミビアを中心に見られる。現地の先住民族ヒンバの人々は、神のなせる業だとしている。

 科学者の間では以前シロアリ説が浮上したものの、証拠不足のため結論が保留されていた。しかしドイツのハンブルク大学で植物学を研究しているノルベルト・ユルゲンス氏は詳しい調査を経て、フェアリーサークルの背後に生物が存在し、それがプサモテルメスと呼ばれるシロアリの種類である公算が大きいとする有力な証拠を提示した。

 ユルゲンス氏らがアンゴラ中部から南アフリカ北部に至る約2000キロの乾燥地帯を調べたところ、サークル形成初期にこの種類のシロアリが常に確認された。同氏は、シロアリが多年生植物の根をえさとし、付近の植物を実質的に枯らしてしまうと見ている。

 ただ草が枯れてなくなった部分は、水分保持力が高まる。雨水が植物によって使用され、蒸発することがなくなるためだ。これはシロアリの生存を支援するとともに、乾季でもサークル周辺の植物が繁茂する要因となる。ユルゲンス氏は、結果的にシロアリの関与によって生態系が砂漠から草原に変化した、と説明した。
 
                               (c)AFP
| 環境 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界各地でアースアワー、照明を消して温暖化への意識高める
 【3月24日 AFP】
 照明を消して気候変動への意識を高めようというイベント、アースアワーが23日夜、世界各地で行われ、現地時間の午後8時30分から1時間にわたって観光名所やビル群の照明が消された。

 仏パリのエッフェル塔でも照明が消されたが、安全への配慮から5分間にとどめられた。ロシア・モスクワではクレムリンなど約90か所でアースアワーが行われた。クレムリンはウラジーミル・プーチン大統領の決定を受けて初めて60分間にわたって照明を落とした。

 日本では東京タワーで来場者が自転車のペダルをこいで卵形のアート作品を照明する電力を起こしたほか、広島平和記念資料館も暗闇に包まれた。

 アースアワーはオーストラリア・シドニーで2007年に始まった。主催者によると今年は初参加のパレスチナ自治区、チュニジア、スリナム、ルワンダなど150を超える国と地域でアースアワーへの参加が表明された。
 
                         (c)AFP
| 環境 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クラゲの大発生、小魚乱獲が引き金に 研究
 【3月20日 AFP】
 悪化の一途をたどる原因不明の「クラゲ大発生」現象は、トロール漁による小魚の乱獲が引き起こしている証拠をつかんだとする論文が、米誌「ブレティン・オブ・マリン・サイエンス」に掲載された。

 海洋生物学者らは同じ海流が横断する、約千キロ離れた2つの海域の生態系を観察した。1つは漁業規制がないナミビア沖の海域、もう1つは南アフリカ沖の海域で、ここではイワシ、カタクチイワシ、ニシンなどの「餌用魚」の漁獲高が生息数に応じて管理されている。

 論文の共著者の1人、仏開発研究局(IRD)のフィリップ・キュリー氏は19日、AFPの取材に「1960年代、ナミビア沖海域のイワシの年間漁獲高は1000万トンだった。これが今や、1200万トンのクラゲに取って代わられてしまった」「イワシなどの小魚類は、ずさんな管理下で過剰に乱獲され、今やほとんど姿を消してしまった」と語った。一方、南アフリカでは餌用魚の生息数が厳重に管理されており、これまでクラゲの大発生は起きていないという。

 多くの海域でクラゲの生息数が爆発的に増加している問題については、専門家らによる激しい議論が戦わされてきた。考えられる原因として、底引き網漁による海底生態系の破壊、クラゲの生息数を支配する捕食魚の激減、海水の温度を上げる温室効果などがこれまで指摘されてきた。

 だがキュリー氏は今回の新しい調査・研究によって、食物網の中の小さいが重要な一角を除去した影響が原因として示唆されると言う。「小魚が海域から姿を消すと、クラゲは食料源のプランクトンを独占できる。その結果、クラゲが制御不能なほど大発生することになる」とキュリー氏は指摘。このため、海洋生物の構成比率において、一定量の餌用魚を保持することが不可欠なのだという。
 
                            (c)AFP
| 環境 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/31PAGES | >>