LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
出会い系広告に自殺少女の画像、フェイスブックが謝罪
 
【9月19日 AFP】
 レイプ被害後にインターネット上で数か月にわたっていじめを受け自殺したカナダ人少女の写真が、交流サイト(SNS)のフェイスブック上に掲載された出会い系サイトの広告に使われ、少女の両親が憤りをあらわにしている。

 カナダ・ノバスコシア州に住んでいたラテイア・パーソンズさん(当時17)は、2011年にパーティーで酒を飲んだ状態で4人の少年にレイプされた後、ネットいじめに遭い、今年4月に自ら命を絶った。レイプの様子を写したとされる写真をネット上で広めた疑いで先月、男2人が逮捕され、19日に裁判所に出廷する予定だ。

 ところが今週、出会い系サイト「ionechat.com」が、レイプ場面とは別のラテイアさんの写真をフェイスブック広告に使用した。

 ラテイアさんの父親グレン・カニングさんはAFPに、広告を最初に見たときは自分の目を疑ったと話した。「娘はネット上で繰り返し嫌がらせを受け、自殺に追い込まれた。そんな娘の写真が出会い系サイトの広告に使われ、フェイスブックに掲載されるなんて、うんざりする」

 カニングさんはまた、サイト側が何も知らずにラテイアさんの写真をネットから拾ってきたのか、話題作りのために故意に使用したのかは分からないとも話した。

 フェイスブックは直ちに広告の掲載を中止し、ラテイアさんの遺族に謝罪。「広告主がインターネットから取得した画像を利用した結果起きた、極めて遺憾な事例」だとの見解を示すとともに、問題の出会い系サイトのアカウントを永久に削除したと説明した。
「ionechat.com」は現在、閉鎖されている。
 
                          (c)AFP
| IT | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
米NYタイムズとツイッターにサイバー攻撃、シリア電子軍が犯行声明
 【8月28日 AFP】
 米紙ニューヨーク・タイムズとマイクロブログ「ツイッター」のウェブサイトが27日、サイバー攻撃を受け、シリアのバッシャール・アサド大統領を支持するオンライン活動家グループ「シリア電子軍(SEA)」が犯行声明を出した。

 攻撃はオンライン上のトラフィックを各ウェブサイトに振り分ける際に住所録のような役割を果たすドメインネームシステム(DNS)をターゲットにしていたことをうかがわせる証拠があるという。ハッカーはDNS情報を書き換えることで、一般のインターネットユーザーを任意のサイトに誘導することができる。今回はオーストラリアのドメイン登録サービスがハッキングされたもようだ。

 ツイッターは状況を説明するブログで、ツイッターが画像サービスに使っているドメインのうちの1つを含む複数の団体のDNS記録が改ざんされたとみられ、画像や写真表示に散発的な影響が出たと説明するとともに、ツイッターは2時間以内に復旧し、ユーザーの個人情報への影響もなかったと明らかにした。ニューヨーク・タイムズは、27日に同社のウェブサイトが「悪意ある外部からの攻撃」によりダウンしたと発表した。

 一方、シリア電子軍は、皮肉にも大多数にメッセージを発信できる媒体であるツイッターに「これからメディアがダウンする。ツイッターよ、用意はいいか」などと書き込み、ツイッターとニューヨーク・タイムズに対する攻撃を予告していた。シリア電子軍は過去にも大手ニュースメディアのウェブサイトにハッカー攻撃を行ったと主張している。米紙ワシントン・ポストのウェブサイトも今月に入りシリア電子軍によるとされるハッキングを受けている。

 米ITセキュリティ企業WhiteHat Securityのマット・ジョハンセン氏は、今回の攻撃の技術的な特徴はシリア電子軍の犯行を示唆しているとツイッターに書き込んだ。
 
                                 (c)AFP
| IT | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タイで「ストリートビュー」のスタッフ、スパイと間違われ騒動に
 【8月16日 AFP】
 タイ北部の村で13日、インターネット検索最大手グーグルが提供するサービス「ストリートビュー)」の撮影スタッフが「政府のスパイ」と勘違いされ、尋問されるという騒動が起きた──。翌日、村の住民らは勘違いしたことを認め、謝罪している。

 タイ人の撮影スタッフは13日、屋根にカメラを載せ、グーグルのロゴが付いた車両を運転していたところ、この村の住民らに停車させられた。住民らは、地元で反対され議論の渦中にあるダム建設のためのスパイを送り込んだものと勘違いしたという。取り囲まれたグーグルのスタッフは詰問された後、地元の寺に閉じ込められ、政府のために働いているのではないと仏像の前で誓わされた。敬虔な村人たちは、もし仏像の前で嘘をついたならば1週間以内に凶運に襲われるだろうと話していたという。

 住民らは14日、ダム建設に反対するために開設したフェイスブックのページで、「彼がダム建設の調査のためにやって来たものと勘違いしてしまった。グーグルに謝罪する」との声明を出した。

 グーグルの広報担当は、この一件について把握しているとし、「時に予期しない問題に遭遇するが、ストリートビューも例外ではない」と述べ、またグーグルがタイの法律を遵守し、公有地から撮影した風景のみを集め公開していることを強調した。

 2007年に公開が始まったストリートビューは、世界中の都市や田舎町で、道路上から撮影したパノラマ写真を提供している。
 
                   (c)AFP
| IT | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
巧妙な手口!「スピアフィッシング」詐欺、ソーシャルメディアの投稿が手助けに
 【7月30日 AFP】
 ソーシャルメディアで人々が共有する情報は、ハッカーがコンピューターに侵入を試みる際に使う「スピアフィッシング」という手口の手助けをしている──インターネットセキュリティーの専門家らが29日、警鐘を鳴らした。

 スピアフィッシングとは、特定の個人に合わせて作成された偽のメッセージを送ることにより、ウイルスが仕込まれたページへのリンクや添付ファイルを開かせるように仕向ける詐欺の手口だ。

 セキュリティー企業トラストウェーブのウリセス・アルバカーキ氏によると、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、フォースクエアといったオンラインサービス上で公開された投稿は、ハッカーらにとって、人々が書く文章をまねするための材料になるという。

 アルバカーキ氏は米ラスベガスで今週開催されているコンピューターセキュリティー会議「ブラックハット」で、同僚のホアキム・エスピニャーラ氏と共に「オンラインの行動をデジタル指紋として利用して、より優れたスピアフィッシャー(スピアフィッシングを行う人)を作り出す」と題した講演を行う。

■巧妙な手口

 2人は、オンラインでの投稿を分析することにより、人々のコミュニケーション方法の特徴を識別するソフトウエアを開発した。ハッカーは、たとえ企業のコンピューターネットワークに侵入できなかったとしても、従業員の知人を精巧に装った電子メールを書き、添付ファイルやリンクを開かせることによって、悪意のあるコードを送り込むことができる。

「例えば、CEOがツイッターやリンクトインのアカウントを持っていて、私がその投稿を読める状態にあるとする。私は、CEOが書いたように見えるものを作り出して従業員に送ることができ、従業員はリンク先をあまり疑うことなくクリックするだろう」(ウリセス・アルバカーキ氏)

 このソフトウエアは、人々がよりだまされやすいメッセージを作るための要点を「スピアフィッシャー」に提供するものだが、ネットワークの欠点の発見・修復を行う企業や組織で働くセキュリティー専門家といった「倫理的なハッカー」に使ってもらうことが目的だと、アルバカーキ氏は話す。また、特定の人物をかたる投稿が、別の人物によって書かれたものであることを検証するためにも利用できるという。
 
                                    (c)AFP
| IT | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
車載コンピューターへの不正侵入は簡単、研究者らが脆弱性を指摘
 【7月29日 AFP】
 自動車のコンピューターシステムに侵入することで、電子的に制御されている機能は改ざんできる──コンピューターに精通している人々の間では広く知られている事実だが、ある研究者らは、車載のシステムがこれまで考えられていたよりもさらに脆弱だとして自動車業界に警鐘を鳴らしている。

 コンピューターセキュリティー会社IOアクティブで情報セキュリティーを担当しているクリス・バラセク氏と、マイクロブログ「ツイッター」でセキュリティーエンジニアを務めるチャーリー・ミラー氏は、1996年以降米国車への搭載が義務付けられているコンピューターシステムの脆弱性について指摘している。2人は、わずかな時間でインストルメント・パネル下付近の装置にアクセスし、主な安全機能に関連するプログラムが改ざん可能であることを確認した。

 米ワシントン大学と米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らも2010年、ほぼ全種類の車載コンピューター(ECU)への不正アクセスが可能であり、システムの安全機能プログラムが改ざん可能であることを実演で示している。

 バラセク氏はAFPに対し、「(試しに)走行中にブレーキを踏んでも作動しないようにした。ヘッドライトの点灯と消灯、クラクションを鳴らすなど、自動車の様々な機能が操作できた」と述べた。両氏はまた、駐車補助機能である「パークアシスト」にアクセスすることで、ハンドル操作も可能だったとした。

 2人の研究については、米国防総省の技術研究機関、国防高等研究計画局(DARPA)が一部支援した。研究の結果は、8月にラスベガスで開かれるハッカーの年次集会「デフコン」で発表される。
 
             (c)AFP/Rob Lever
| IT | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ソニーは生き残れるのか、頭部装着型の医療用ディスプレー機器販売へ
 【7月24日 AFP】
 ソニーは23日、内視鏡で撮影した映像を頭部に装着したディスプレーに表示する新型医療機器を8月1日に発売すると発表した。この製品は、有機発光ダイオード(OLED)を使用したパネルに2D(2次元)もしくは3D(3次元)形式の高精細映像を表示できるという。
 
                            (c)AFP
| IT | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あるのか?米FDA、医療機器へのサイバー攻撃の可能性を警告
 【6月19日 AFP】
 米食品医薬品局(FDA)は13日、医療機器や院内ネットワークのメーカー各社に対し、今後起こりうるサイバー攻撃の防止に本格的に取り組むよう勧告した。

 FDAによると、医療用の埋め込み機器がハッカーに対して脆弱(ぜいじゃく)なネットワークに接続されている恐れがあるという。具体的な機器の例は挙げられていないが、埋め込み機器にはペースメーカーや除細動器などが含まれる。

 FDAの勧告は、医療機器メーカー、病院、医療機器ユーザー施設、医療技術スタッフ、生物医学エンジニアなどに向けて発せられた。

 それによると、FDAは最近「医療機器や院内ネットワークの運用に直接的な影響が及ぶ恐れのある、サイバーセキュリティーの脆弱性やインシデント(事故)を認識するに至った」として、「FDAは、サイバー攻撃による障害のリスクを軽減する適切な予防策の完備を、確実に実施するための措置を講じるよう、医療機器メーカーや医療施設に提言している」という。

 これらの機器やシステムが「マルウエア(悪意のあるソフトウエア)を医療装置内に仕込まれたり、医療機器や院内ネットワークの構成設定に不正にアクセスされたりすることで」悪用される恐れがある、とFDAは話す。

 FDAは「この種のインシデントに関連する患者の負傷や死亡については承知していない」と述べている。また、攻撃対象の機器に関する具体的な情報も得られていないという。

 FDAは、他の政府機関およびメーカー各社と連携し、この問題に対処してきているという。メーカーには「自社の医療機器に関連する危険要因の特定に関して、常に警戒を怠らないようにする責任がある」と述べている。講じるべき措置としては、「特に生命を維持するための装置や院内ネットワークに直接接続される機器」などへの無許可のアクセスを制限することが挙げられるという。
 
                           (c)AFP
| IT | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復活!ウィンドウズ8に「スタートボタン」
 【5月31日 AFP】
 米マイクロソフトが30日に内容を一部公表した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の最新版「ウィンドウズ8.1」に、ユーザーの要望が大きかった「スタートボタン」が復活する。

 ウィンドウズ8.1は、6月26日にプレビュー版が公開され無料アップデートが可能になる。

 最新版では、画面左下にウィンドウズのロゴが表示され、これが「ウィンドウズ8」で無くなっていた従来のスタートボタンの復活と受け止められている。この他、MSの検索エンジン「Bing」でインターネット上の情報に加え、アプリ検索やパソコン内のファイルデータ、MSのオンラインデータ保存サービス「スカイドライブ」に保存されたデータなども検索できるようになるという。
 
                              (c)AFP
| IT | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復活!ウィンドウズ8に「スタートボタン」
 【5月31日 AFP】
 米マイクロソフトが30日に内容を一部公表した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の最新版「ウィンドウズ8.1」に、ユーザーの要望が大きかった「スタートボタン」が復活する。

 ウィンドウズ8.1は、6月26日にプレビュー版が公開され無料アップデートが可能になる。

 最新版では、画面左下にウィンドウズのロゴが表示され、これが「ウィンドウズ8」で無くなっていた従来のスタートボタンの復活と受け止められている。この他、MSの検索エンジン「Bing」でインターネット上の情報に加え、アプリ検索やパソコン内のファイルデータ、MSのオンラインデータ保存サービス「スカイドライブ」に保存されたデータなども検索できるようになるという。
 
                              (c)AFP
| IT | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
復活!ウィンドウズ8に「スタートボタン」
 【5月31日 AFP】
 米マイクロソフトが30日に内容を一部公表した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」の最新版「ウィンドウズ8.1」に、ユーザーの要望が大きかった「スタートボタン」が復活する。

 ウィンドウズ8.1は、6月26日にプレビュー版が公開され無料アップデートが可能になる。

 最新版では、画面左下にウィンドウズのロゴが表示され、これが「ウィンドウズ8」で無くなっていた従来のスタートボタンの復活と受け止められている。この他、MSの検索エンジン「Bing」でインターネット上の情報に加え、アプリ検索やパソコン内のファイルデータ、MSのオンラインデータ保存サービス「スカイドライブ」に保存されたデータなども検索できるようになるという。
 
                              (c)AFP
| IT | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/46PAGES | >>