LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


<< 悪性度の高いがんに遺伝的関連性を発見、米研究 | main | マイクロソフト、次世代ゲーム機「Xbox One」を発表!、PlayStation 4は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ロシアの生物実験衛星が帰還、生還のネズミは半分以下
 【5月20日 AFP】
 生命体が長期の宇宙旅行にどれだけ耐えられるかを調査するため、ロシアが1か月前に打ち上げた生物実験衛星「ビオンM」が19日、地球に帰還した。ロシア科学アカデミーの科学者らによると、乗せられていたネズミの大半が旅の途中で死んだという。

 科学者らによると、衛星に乗せられていた動植物のうち、ハツカネズミ45匹の大半と、スナネズミ8匹、イモリ15匹が、機器の不具合やストレスが原因で死んだ。だが、このミッションにより、有人火星飛行に道を開くことが期待されるデータがもたらされたという。

 同アカデミーのウラジーミル・シコフ氏はロシアの通信社に対し、「動物が自分たちだけで宇宙にこれほど長く滞在したのは、これが初めてだ」と語った。「半分以下のハツカネズミしか生還できなかったが、予想されていたことだった。残念ながら、スナネズミは機器の不具合により全て死んだ」

 衛星にはこの他、カタツムリや植物、微小植物も乗せられていた。フランス国立宇宙研究センター(CNES)によると、実験で使われたハツカネズミのうち15匹は、ミッションに協力しているフランスの研究所が提供した。同センター関係者は、今回のプロジェクトは「無重力に人間を適応させるための、決定的な進展」となったと述べている。

 動物たちは5つの特殊容器に入れられ、宇宙に送られた。容器は軌道に到達すると自動的に開き、帰還時には閉じる仕組みになっていた。また衛星には、心拍数や血圧、放射線量など、あらゆるデータを計測する20以上の装置が搭載されていた。
 
                     (c)AFP/Dmitry ZAKS
| サイエンス | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://newsteam2.jugem.jp/trackback/1477
トラックバック