LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


<< 視力障害のある患者にES細胞使った臨床試験の認可申請 | main | 税金の無駄使いにならなきゃいいけど?宇宙の太陽光ステーションから地上に電力供給構想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
物理宇宙の最大の謎を解明出来るのか!?粒子加速器「LHC」稼動再開
 【11月21日 AFP】
 欧州合同原子核研究機構(CERN)は20日、スイス・ジュネーブ近郊にある世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」が稼働を再開したと発表した。

 CERNのスポークスマンは、午後4時(日本時間21日午前零時)ごろ、最初のテストを開始したと発表した。このテストは1秒未満の短い時間だったが、注入した粒子が全長27キロのLHCを半周、あるいは1周するのに十分なものだったとしている。

 その後CERNのロルフ・ホイヤー所長が、粒子ビームを周回させることに成功し、予想より早く次のステップに進むことができたと述べた。

  LHCは2008年9月10日、最初の粒子ビームを周回させたが、そのわずか9日後から相次いで技術的トラブルに見舞われ、再開までに14か月かかった。

 LHCは宇宙創成の謎と、物質の基本的なしくみを解き明かすことをめざし、20年の歳月と60億スイスフラン(約5200億円)を費やして建設された。
 
■LHC実験で「神の素粒子」発見を目指す

 スイスにある欧州合同素粒子原子核研究機構(European Organisation for Nuclear ResearchCERN)は、ヒッグス粒子を発見することを目標に、10日にLHCを稼働させる。実験では、水素の原子核である陽子をほぼ光速まで加速させて衝突させる。 

 素粒子が質量を獲得するメカニズムは長年謎とされてきたが、1964年に英物理学者のピーター・ヒッグス(Peter Higgs)がその謎を解く理論として「ヒッグス場」を提唱した。ヒッグス場とは理論上、素粒子に質量を与える場だ。仮説では、素粒子はヒッグス粒子に当たって抵抗が生じることにより質量が生じる。ヒッグス粒子はどこにでも存在するものの目には見えないため、「神の素粒子」と呼ばれることもある。

■予想外の粒子が発見される可能性も

 今回の実験について、1988年の著書『ホーキング、宇宙を語る−ビッグバンからブラックホールまで』(原題 A Brief History Of Time)で知られるホーキング博士はBBCラジオに対し、「実験では量子反応を観測できるよう高いエネルギーが生成されるため、ヒッグス粒子を発見するには充分だと考えられている。しかしわたしは、ヒッグス粒子を発見できなかったときの方がはるかにエキサイティングだと思う。つまり、何かが間違っていたということであり、考え直す必要があるということだ。ヒッグス粒子が見つからない方に100ドル賭けてもいい」と語った。

 だが、一部の科学者は博士よりも楽観的だ。フランスの天体物理学者、Hubert Reeves氏は、スイスのル・マタン紙に対し、「LHCは素粒子物理学の世界を永遠に変えることになる『予想外の結果』をもたらすだろう」と期待を寄せている。

 一方、ホーキング博士は、実験で既知の素粒子の「超対称パートナー」となる超対称粒子が発見される可能性も指摘している。超対称粒子は銀河同士を保持する謎の暗黒物質(ダークマター)を生成している可能性があり、この発見はひも理論を裏付けるものでもある。「LHCで何が発見されても、あるいは発見されなかった場合でも、宇宙の構造について多くの手掛かりを与えてくれるだろう」と博士は締めくくった。

                                                    (c)AFP
| サイエンス | 11:57 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://newsteam2.jugem.jp/trackback/227
トラックバック
かもの法則 ―脳を変える究極の理論 |西田 文郎
かもの法則 ―脳を変える究極の理論西田 文郎現代書林 刊発売日 2009-07-...
| お買得情報連絡便り | 2009/11/21 9:04 PM |