LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


<< 赤ワインが超伝導になる!? 日本の研究者が発見 | main | 「神の粒子」 ヒッグス粒子の存在 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ホーキング博士、天国を否定。地獄も否定なんだろうな!
 【5月17日 AFP】
 英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士は、16日の英紙ガーディアンのインタビューで、天国について「暗闇が怖い人間のための架空の世界」と述べ、宗教の根幹を成す概念を改めて否定した。

 ホーキング博士は、世界各地でベストセラーとなった『ホーキング、宇宙を語る』(1988)では「神というアイデアは宇宙に対する科学理解と必ずしも相いれないものではない」と記していたが、その後四半世紀で宗教に対する態度は著しく厳しいものになった。

 2010年の『ホーキング、宇宙と人間を語る』では、「宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない」と述べている。物理学における一連の進展により、そう確信するに至ったという。

 博士は今回のインタビューで、自分の考えは21歳の時に発症した運動ニューロン疾患との闘いにも影響されていると語った。

「わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。やりたいことがまだたくさんあるからね」

「脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。壊れたコンピューターには天国も来世もない。天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だよ」
 
                  (c)AFP
| サイエンス | 19:31 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:31 | - | - | pookmark |
コメント
【地&#29425;=独裁&#19987;制】?

Newton.liは歓迎して、世界が有名である世界数学宇宙物理学者は、ホーキング(Stephen Hawking)は、世界真正科学エリートたちの新思想、新しい理論の和不尽の事実、証拠作用力下にあって、さらに外れから伝統的思想理論体系中は目覚める。 1988年継だけで”精確さ”のため宇宙の大きい爆発論の時間小史(ABrief History of Time)を描写してそれで、神霊が宇宙世界を創造することの基本的な考えた世界的な最ベストセラーを貫通していて、彼を譲って一挙に世界は有名になって、世界の継アインシュタインのち”最もすばらしい”になることは最も歓迎されていて、世界が最も有名である天才と世界物理学者。 あとは世界物理学エリートたちに、不尽の事実と証拠を数えることを用いて、宇宙の大きい爆発存在しない情況下を批評し否定して、2010年に宇宙カズトでであって、基本的理論は考えて、大きさが(The Grand Design)を設計することを書き出して、根本上に自分で宇宙の大きい爆発した存在を否定することから、神霊と上帝の存在は、で間違いを知ることができて、間違いを変えることを間違えて … 。。 昨日の211−05−16−イギリスのGuardianを受け取って、記者は時向世界を面会して話して: 【天国はともに存在しなくて、それは恐れから死亡する人々で、虚構とエンビジョンが出て来ていたことへ行って、存在しない童話】がで飽くまでも伝統を否定し変える宗教概念。 全世界のより多くの人始終で不動の脳に対して、事実根拠のものを求めなくて、喜んで従っている有名人、偉人、ブランド、違った見解、詐欺師たちの尻が駆け足は私たちは、”能知は間違って変わって間違っていました”であることであるこの本当に偉大な有名人は、自分の経験を例にあげて教えさとすことを用いて、少なからず私たちとすることはして考えて進化し解いた世界の脳の彊死人? 最大の組か?
| mpn123 | 2011/05/17 11:40 PM |
地獄も独裁だろうな!
| newton.li | 2011/05/17 11:42 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/11/03 8:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/11/03 8:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://newsteam2.jugem.jp/trackback/780
トラックバック