LINKS


PROFILE
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
米NYタイムズとツイッターにサイバー攻撃、シリア電子軍が犯行声明
 【8月28日 AFP】
 米紙ニューヨーク・タイムズとマイクロブログ「ツイッター」のウェブサイトが27日、サイバー攻撃を受け、シリアのバッシャール・アサド大統領を支持するオンライン活動家グループ「シリア電子軍(SEA)」が犯行声明を出した。

 攻撃はオンライン上のトラフィックを各ウェブサイトに振り分ける際に住所録のような役割を果たすドメインネームシステム(DNS)をターゲットにしていたことをうかがわせる証拠があるという。ハッカーはDNS情報を書き換えることで、一般のインターネットユーザーを任意のサイトに誘導することができる。今回はオーストラリアのドメイン登録サービスがハッキングされたもようだ。

 ツイッターは状況を説明するブログで、ツイッターが画像サービスに使っているドメインのうちの1つを含む複数の団体のDNS記録が改ざんされたとみられ、画像や写真表示に散発的な影響が出たと説明するとともに、ツイッターは2時間以内に復旧し、ユーザーの個人情報への影響もなかったと明らかにした。ニューヨーク・タイムズは、27日に同社のウェブサイトが「悪意ある外部からの攻撃」によりダウンしたと発表した。

 一方、シリア電子軍は、皮肉にも大多数にメッセージを発信できる媒体であるツイッターに「これからメディアがダウンする。ツイッターよ、用意はいいか」などと書き込み、ツイッターとニューヨーク・タイムズに対する攻撃を予告していた。シリア電子軍は過去にも大手ニュースメディアのウェブサイトにハッカー攻撃を行ったと主張している。米紙ワシントン・ポストのウェブサイトも今月に入りシリア電子軍によるとされるハッキングを受けている。

 米ITセキュリティ企業WhiteHat Securityのマット・ジョハンセン氏は、今回の攻撃の技術的な特徴はシリア電子軍の犯行を示唆しているとツイッターに書き込んだ。
 
                                 (c)AFP
| IT | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タイで「ストリートビュー」のスタッフ、スパイと間違われ騒動に
 【8月16日 AFP】
 タイ北部の村で13日、インターネット検索最大手グーグルが提供するサービス「ストリートビュー)」の撮影スタッフが「政府のスパイ」と勘違いされ、尋問されるという騒動が起きた──。翌日、村の住民らは勘違いしたことを認め、謝罪している。

 タイ人の撮影スタッフは13日、屋根にカメラを載せ、グーグルのロゴが付いた車両を運転していたところ、この村の住民らに停車させられた。住民らは、地元で反対され議論の渦中にあるダム建設のためのスパイを送り込んだものと勘違いしたという。取り囲まれたグーグルのスタッフは詰問された後、地元の寺に閉じ込められ、政府のために働いているのではないと仏像の前で誓わされた。敬虔な村人たちは、もし仏像の前で嘘をついたならば1週間以内に凶運に襲われるだろうと話していたという。

 住民らは14日、ダム建設に反対するために開設したフェイスブックのページで、「彼がダム建設の調査のためにやって来たものと勘違いしてしまった。グーグルに謝罪する」との声明を出した。

 グーグルの広報担当は、この一件について把握しているとし、「時に予期しない問題に遭遇するが、ストリートビューも例外ではない」と述べ、またグーグルがタイの法律を遵守し、公有地から撮影した風景のみを集め公開していることを強調した。

 2007年に公開が始まったストリートビューは、世界中の都市や田舎町で、道路上から撮影したパノラマ写真を提供している。
 
                   (c)AFP
| IT | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電気的に光と熱を調節・遮断する透明なフィルムを開発、研究
 【8月16日 AFP】
 窓を通って建物内に入る熱と光の量を電気的に調節できるフィルムを開発したとする研究論文が、15日の英科学誌ネイチャーに掲載された。米国とスペインの共同研究チームが開発したのは、光の波長を変えることができるナノ結晶を用いた「透明なフィルム」だという。

 論文の共同執筆者米であるローレンス・バークリー国立研究所のデリア・ミリロン氏はAFPに対し、「電荷の調節で色や透明度を変えることができるエレクトロクロミック方式のガラスはすでに開発されているが、熱と可視光を同時に調節できるものは初めてだ」と語った。

 論文によると、窓には電解質溶液で分けられた2枚のガラス板が取り付けられており、窓そのものが電気化学セルとしての機能を備えている。片方にフィルムを貼って電極を作り、そこから電荷がもう片方の対極へと移動する。このとき窓は透明のまま、ナノ結晶が熱を遮断する。電流の強さを変えることで光も遮断できるという。

 ミリロン氏は、このフィルム素材は建物向けに開発したものだが、車や飛行機の窓にも使用可能だと話している。
 
                             (c)AFP
| サイエンス | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/500PAGES | >>